事業資金を調達するには!?ローンとそれ以外の方法がある


一般的な事業資金の調達方法とは

事業資金を用意するには、可能であれば自己資金として調達するのが得策です。自己資金のメリットは利息が発生せず、返済義務もないことです。しかし自己資金だけで事業資金をすべて捻出するのは難しく、多くの人が金融機関から借入れしています。日本政策金融公庫の事業融資は低金利で、ここから借りられるのが理想です。それが難しければ銀行や信用金庫を利用するのが一般的です。個人事業主が開業資金を調達する場合においては、ノンバンク融資を利用するケースもあります。国や銀行・信金などの事業融資は事業計画書や返済計画書を厳格にチェックされるため、個人向け融資のように簡単には借入れできず、そんなときに役立つのがノンバンクです。

借りずに事業資金を調達するには

事業資金調達の方法には手形割引という方法もあり、取引先から手形で代金の支払いを受けて、その手形を金融機関に売却して資金調達をします。ただ手形割引に関しては近年はあまり利用されておらず、その一方でファクタリングが拡大し始めています。ファクタリングは売掛債権を売却し、短期間で資金調達できるのがメリットです。事業融資より手数料は高くなりますが、会社の財務状況が極めて悪化している状態でも調達できる可能性があります。例えばローンや税金の支払いを延滞したり、信用情報機関にブラック履歴があったりすれば、金融機関の融資には最低でも5年間は申込みができません。こうした状況でもファクタリングなら審査に通過できる可能性大です。

事業資金は会社を開業したりする資金の事で、貯金や借金、投資などで作る事ができます。信用があれば、銀行でも貸してくれます。

おすすめ記事