心理学を大学で学ぶためには?学部や専攻は?

心理学科で学びたい分野とは

心が体に及ぼす影響は大きく、社会的背景や生活環境など様々なことが関わっています。怪我や病気などの原因を追求するためには様々な検査を用いて結果を可視化することにより診断を下すことが可能ですが、心の病の診断は検査の数値だけでは診断を下すことは難しいのです。心理学科は心がどう成り立っているのか、そのメカニズムを解明したり研究し学ぶ学科のことをいいます。心理学科には臨床心理学や発達心理学、犯罪心理学や認知心理学など多くの分野があります。自分がどのような分野を学びたいのか明確であれば、その分野を専門としたり研究をしている先生がいるのかを調べることも大切です。

資格取得や学びたいこととは

大学のホームページにはどのような心理学が学べるのかを記述しているところもありますが、心理学部として独立した学部を設置している大学は少ないのです。ではどのような学科で心理学が学べるのか気になりますよね。心理学を学ぶことのできる学科には文学部や人文学部があり、これらの学部のなかに心理学を専攻することができる大学が多いです。

心理学の学び方にはいくつかの選択肢がありますが、特に公認心理師や認定心理士、臨床心理士などの資格取得を希望している場合、受験資格が与えられる条件として大学または大学院で特定の科目の修了が必要です。そのため心理学を学ぶ前にはまず自分が心理学のなかの何を学びどうしたいのか、その理由を明確にすることは大切であり資格によっては大学院で学ぶことも必要になります。

心理学の大学には実験心理学と臨床心理学があります。カウンセリングが学べるのは臨床心理学ですので、学部を選ぶ際は注意しましょう。

おすすめ記事